人生がたりない

~おりくらしげるのブログ~

タミヤ 1/35 マークIV カメラ付きラジコン化計画 (その17) ~不具合の修正~

time 2019/05/12

タミヤ 1/35 マークIV カメラ付きラジコン化計画 (その17) ~不具合の修正~

ずっと放置していたマークⅣをやろうと思います。前回から3か月たっているのかw

仕事が忙しいのは確かなのですが、放置していても進まないので久しぶりに作業する事にしました!

不具合

前回の作業を行った際に、以下の問題点がありました。

1.充電する時にモータドライバが熱くなる

1つ目の問題は「充電する時にモータドライバが熱くなる」というものです。これは電源用のスライドスイッチをOFFにした状態でmicroUSB充電しようとした事が原因でした。以下が前回の回路図なのですが、この回路図の状態でmicroUSBからモバイルバッテリーのセルに充電しようとするには電源用のスライドスイッチがONになっていないといけません。

しかし、OFFにした状態で充電しようとすると、モータドライバに電力が流れてしまうという問題が発生しました(充電する前に気が付けよw)。

こちらについては電源のON/OFFに限らず充電できるような仕組みにする対応した方が良いですね。電源入れっぱなしで充電するというのも気持ち悪いですし…

2.PWMドライバの”V+”に5Vを出力すると、電源が落ちる

2つ目の問題は「PWMドライバの”V+”(サーボモータに5V出力するための入力ピン)に5Vを出力すると、電源が落ちる」というものです。今回使用したモバイルバッテリー(以前100円均一で購入した物)の出力最大電流を流そうとしたためかと思われます。PWMドライバには100μFの電解コンデンサが付いているのですが、これはサーボモータを制御する際に必要なものです。

Raspberry Pi ZeroとPWMドライバのICだけでは、モバイルバッテリーの定格電流を超える事は問題なかったのですが、PWMドライバの”V+”にあるコンデンサに電荷を貯めるために大電流が流れてモバイルバッテリーの制御回路が停止してしまっているように思えます。

どちらの問題も事前に確認が不足していた事が原因です。本来防げたはずなのですが、勢いで始めた事の代償ですね…

対策

以前Amazonで購入した昇圧コンバータが手元にあったので、こちらを使って電源が落ちないか確認してみようと思います。

こちらが昇圧コンバータの「MT3608」です。取り付けるための半田付け済ませました。ネットで調べるとMT3608のデータシートが出てきますが、ちゃんと読んでいません(爆)。やってみて動けば良しとしましょう。趣味程度なら許される!

ボリュームをマイナスドライバでぐりぐり回して5.0vを出力するように調整しました。そして、この状態で以前失敗していたPWMドライバの”V+”に5.0Vを接続すると…

電源落ちてませんね!実験は成功したので、やはりモバイルバッテリーの制御回路の定格電流を超えてしまった事が原因のようです。なので、回路図を以下のように修正する事にしました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今回の修正で重要な点は、モバイルバッテリーの制御回路を完全に充電専用にしたという点と、5.0V出力用の昇圧コンバータを独立して設けたという点です。

修正

回路図の通り全ての5.0Vの出力を昇圧コンバーターから出力させるようにします。

今までモバイルバッテリーの制御回路から得ていた5.0Vを取り外します。

(途中の写真撮り忘れた….)回路図通りに昇圧コンバータを取り付けて、走行用モータの上に配置します。ギリギリ収まった…

今回は動画は載せませんが、この対策を行った事で、電源が落ちること無く砲塔用サーボモータと走行用DCモータを動かす事ができました。

おわりに

今回は久しぶりにマークⅣの記事を更新しました!地味な内容でしたが、対応しないと進めなかった事もあり一つネタとして書きました!

Twitterも始めてテンションも高めなので、この勢いで進められたらうれしいな!
次回はサーボモータを使って主砲を動かせる所までやれたらと思います!ではでは~

関連URL

関連記事

・前回↓
タミヤ 1/35 マークIV カメラ付きラジコン化計画 (その16) ~配線する~
・一覧↓
カメラ付きラジコン化計画シリーズ

down

コメントする




おりくらしげる

個人的に自由研究をやるおじさん。やりたいことが多すぎて全てが中途半端になるけど、それもまた一興。

 

人生短いよね。500年くらいあればよいのに。嘘、そんなにはいらない。

検索

このサイトについて

プラモ・電子工作・その他についてまとめているサイトだよ。